汚ねぇ動画シリーズ始動!! ~2021初焚き火~

汚いです!! 初の動画オンリーです。

 

 

youtuberになるつもりは無い!

日本中、大雨続きの真っ只中。今日は貴重なお休みです。

昼間から酒を飲み、ゆっくりしております。

 

で、何を思ったか動画で遊び始めた俺。

 

以下、産物。お暇な方はどうぞ。(音量注意願います。途中で爆音が入ります。)

このまま表示だと字幕が切れてしまうようですね。(後日見直した所、勘違いでした。)

大した内容では無いようですが。

 

youtu.be

 

アクションカム→PC経由で送信→スマホで編集→PCからアップ。

と、いう流れでやってみました。全部PCでやれれば良かったのですが、俺には難しかった。英語だらけでよくわからんのです。

こういうの、やってみるとおもしろいですね。

有難う御座いました。

 

2021年 初キャンプ ~獣を食す~

2021年 7月下旬(平日)

千葉県 

 

 

この時を待っていた…    二連休だぁぁぁ!!

 

遂に!やってきた! この日が!! 

と、いう訳で2021年初キャンプを実行します。いやぁ。嬉しいな。

目当てのキャンプ場はこちら。

 

f:id:udokuudoku:20210730121637p:plain

春頃、見つけてからず~っと気になり続けていたんですよ。

あの~、ね…

 

アダルトソロキャンプって、なんぞや?

 

ネット検索の結果、公式HPは無い様子。facebookは出てくるのですが。

君津市観光サイトによると予約不要だそうなので。(火曜定休)

予約無しで突撃してみた。近場だからね。ダメでも軽傷で済む。

 

 

11:20くらい 出陣

 

R410を南下。久留里市街へ。

f:id:udokuudoku:20210730124831p:plain

吉田屋 久留里店にて買い出し。この先はコンビニと道の駅しか無い。

その後は久留里城下の細かい道を少し探索しつつ進む。

 

f:id:udokuudoku:20210730125019p:plain

カブちゃんにキャンプ装備を積んで走るのは初めてだ。

しかし、車体の挙動の変化に違和感を感じない。重くなったとは感じるけど。

SRさんや今まで乗ってきたバイクだと、明らかにケツが下がっていると感じるのに。

流石スーパーカブ積まれて当然だと。ホンダは言っているんだな。

ホント、面白いバイクだ。

 

その後、R410・465から県24へスイッチ。

片倉ダムを過ぎたあたり。(左コーナー真っ只中に出入口有り。要注意です。)

 

f:id:udokuudoku:20210730130325p:plain

猟師工房アダルトソロキャンプ場 チェックイン

 

このご時世に事前連絡無しで突撃した結果、受け入れて下さいました。

注意事項を教えて頂く。結構、厳しい感じかな。と。以下、禁止事項ね。

・20歳未満お断り。

・ソロキャンプ専門。(アダルトソロキャンプ。よく分かりました。)

・音の出るもの禁止。(音楽流す・ラジオ等) イイね!!

・22:00~私語を慎むべし。

・23:00~消灯するべし。

・バイクは¥300課金すればサイト内に侵入可能。ただし。場内は押し歩き。

・芝サイトは焚き火不可。(一応、現在は。)

・ブッシュサイトは焚き火可。

・薪は好きなだけ拾ってよし。

・焚き火の際は防火シートを用意せよ。あと、場内禁煙!

駐車場で吸ってくれ。との事。大した歩行距離は無いので苦にならず。

(これが、ふもとっぱらだったらと思うとゾッとするよ。)

防火シートを要求されるキャンプ場は初めてでした。

で、レンタルって有りますか?と尋ねたところ。

無くなってしまったとの返答。適当なトレイなんかでも良いそうで。

 

ここで俺の脳みそは久し振りにフル回転した。鴨川に下ってホームセンターで買って。

2時間有れば余裕。この間、2秒程である。

 

     俺       「準備します。」キリッ

受付の方「次回からという事でもいいですので。」

 

甘えます。有難う御座います。(ホントに助かりました)

 

 以下、テントサイトの写真を。例によってざっくりとしておりますが。

f:id:udokuudoku:20210804014425j:plain

芝サイト(芝生ではない)

飛び込みたくなる程、綺麗に刈り込まれております。奥の建物は旧香木原小学校。

廃校跡地なんですね。ここは。左奥の柵内はドッグランであります。

 

f:id:udokuudoku:20210804015029j:plain

ブッシュサイト。大体、傾斜地です。平地はごく僅か。

雰囲気はかなり好み。

 

 

f:id:udokuudoku:20210804015525j:plain

助走を付けてカブちゃんをブッシュサイトへ押し入れ。設営地着。

大き目のバイクだと、かなりきつそう。

俺の体力だと、SRさんはここまで運べないだろう。それでは8か月ぶりの設営を。

ちょっと不安だな。特にタープ。

 

 

f:id:udokuudoku:20210804191857p:plain

設営問題無し! 体が覚えてました。2021年初キャンプという事でですね。

ここ数年のキャンプツーリングを振り返り、思った事を実行しました。

荷物の軽量・コンパクト化です。初期はもっと走り重視のパッキングでした。

それが段々とですよ。椅子がデカくなり、焚き火台がデカくなり、調理器具は増え、

更にタープも追加され。ワインディングの楽しみはスポイルされ……と。

ちょっとここらへんで装備を見直す事とした。

しかし、キャンプ場ではくつろぎたい。二兎を追い、全部欲しいのですよ。

 

f:id:udokuudoku:20210804193243j:plain

(この後、少し観光に行った後の写真です。ビールが…ね。開いちゃってるから一応。)

で、実行した軽量化策を以下に。

・椅子を省く。(無くても死なない)
・タープを小型、軽量の物に変更。(雨でも焚き火が出来るサイズならヨシ!) 

・調理器具はホットサンドメーカーパチモノメスティンどちらかを持っていく。

 今まではどちらも携行していた。(とりあえず焼けば食える)

・焚き火台を収納サイズに特化したモノへ変更。(後述)

・鉈は無くてもいいけど持っていく。ロマンだから。

以上です。これだけでもホムセン箱の中はかなりすっきりとしました。

食材・酒を仕入れた後でも箱からはみ出す事も無く。快適です。

あと、ペットボトルスプレー(水)は暑さ対策です。これが効くんだぁ。

 

それでは、ちょっと観光に行きませう。あぁ、大した事はしていないのですが。本記事はこの調子でだらだらと長くなりそうですよ。いや、長くなりますよ。

 

 

15:00くらい 濃溝の滝を見に。

f:id:udokuudoku:20210804200441j:plain

南総民だけど初めて来た。平日なのに駐車場はほぼ満車。すごいね。

まぁいいや。滝まで行こう。

遊歩道を歩くこと10分もかからないかな。濃溝の滝へ到達。

 

喧しかったから素通りしちゃった。(てへっ♪)

 

滝は綺麗だったよ。川も澄んでいてとても良かったの。蛍も見られるそう。

夏の水場はダメだね~。人間を吸い寄せるもの。

真冬の早朝にでも。またゆっくりと見に来たいな。踵を返す。

 

 

キャンプ場 帰還。

f:id:udokuudoku:20210804203001p:plain

木立の中は早くもひぐらしの大合唱。夏はビールだ!

この瞬間はもう、最高!!ぐびぐびと飲む。そして早めの晩飯へ移行。

テキトークッキング。開始ですよ。

 

f:id:udokuudoku:20210804203727j:plain

一品目 しいたけ焼き 醤油と顆粒にんにくで

殺人的ないい香り。ウマい!! 酒が進むぅ!

 

 

f:id:udokuudoku:20210804204233j:plain

二品目 鹿もも肉の塩焼き

突然の鹿肉ですが。ここ猟師工房は売店兼受け付けでジビエ肉を取り扱っております。

いろいろと有るんですよ。鹿、猪、キョン、猿。

ここに来た目的ですね。ガチガチに冷凍されておりました。

鹿は初めて食べるので、まずは塩焼きで。

 

臭みはほとんど感じませんね。全く不快感は無し。

食感はマッチョな鳥胸肉という感じでしょうか。筋繊維をブチブチと感じますね。

お肉を齧った跡を見ると筋肉!という感じの繊維感です。マッソォ!

 

 

f:id:udokuudoku:20210804204136j:plain

三品目 トマトと鹿のホットサンド

ベッチャベチャな仕上がり…つゆだく……

トマトを入れ過ぎたか。火力の問題か。しかし、お味の方は悪くない。

フォークでちぎりながら食べる。パン表面はカリカリでとても美味しい。

ホットサンド修行が必要だな…

 

 

f:id:udokuudoku:20210805080215j:plain

四品目 鹿としいたけのにんにく醤油焼き

これはね、もう作る前から頭の中で完成してましたから。

うんまいっ! にんにくは正義!!

腹いっぱいに近い…鹿肉はあとひとかけら残っている。

細切れにし、塩コショウで。酒のつまみとする。ゆっくり食べよう。

暗くなってきたので焚き火を開始する。

 

 

f:id:udokuudoku:20210805081433j:plain

新兵器。SOTOの焚き火台。足はペグ三本で。

 

 (初アマゾン貼り付け。うまくできたかしら…)

こいつの何がすごいってね。

 

f:id:udokuudoku:20210805082452j:plain

収納サイズがイカれてるんですよ。例えるなら封筒。いかなる隙間にも押し込める。

なので今回、採用してみた。

展開サイズも小さいけど、個人的には苦にならないサイズ。

網なんぞ乗せれば調理もできそう。

おぅ…自室に戻っちった。それでは引き続きキャンプ場からお送りします。

 

 

f:id:udokuudoku:20210805083358j:plain

はい、キャンプ中継再開です。意識低い系の酒を飲みます。うまいんだこれが。

まぁ、いつも通り酒飲んで焚き火して寝るだけなのですがね!

何回やってもこのルーティンは癒されるな。もう大満足。

虫合唱はひひひひひひひひっという感じのものになっている。なんの虫かわからんが。

涼しげでとてもいいね。

あとはテント内で読書するうちに自然と寝ていた。

 

 

翌朝

f:id:udokuudoku:20210805083956j:plain

快晴なり。

こぉら今日も暑くならぁ。(訛) ちゃちゃっと撤収して帰るべ。

昼頃には帰って家事すんだ。

 

f:id:udokuudoku:20210805085254j:plain

昨夜、かさかさやっていたのは君か…

無事に羽化できたようだ。夏キャンプは虫と友達にならないといかんね。

俺は田舎の民だから大丈夫だけど。人によっては悲鳴を上げるかな?

この後はまっすぐ家に帰るのみ。癒されました。有難う。

 

総括

ウルトラリフレッシュした。

やはりキャンプは俺にとって必要である。

荷物の軽量化はとりあえず成功かな。今後も考えて行こう。

今後は野宿も視野に入れ、生きていくつもり。

いろいろとあれだからね。

 

有り難う御座いました。

ネックマウントを試す日(インプレも兼ねる)

2021年 5月 

 

f:id:udokuudoku:20210520012633j:plain

格安アクションカム 堕ちる

 

 

両面テープでは、やはりいつかは剥がれてしまう。

カメラを落とさず簡単なアクションカム固定方法を調べてみた。

ヘルメットマウントはやめておく。ちょっと照れくさい。

かと言って、ステー追加だ加工だというのも面倒くさい。

 

そして月日は流れ7月。新兵器を発注。

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210714150323j:plain

GLIDER ネックマウントAir ハードタイプ

 

最初っからこれを買っとけば良かったな!

これなら大して目立たないし、聴診器気分で気軽に着脱できるし。

聴診器着けた事無いですけども。

 

それではまず、部屋でこいつをいじくり回した感想を以下に。

 

1.走行中に落ちないか?

首に装着後、カメラを引っ張って外そうと試みる。

明確な意思を持って外そうとすれば外れるけど、これだけテンションが掛かっていればバイクの運転中に勝手に飛び降り自殺することは無いと思う。

 

2.サイズどうかな?

余裕ですね。(細い人)

アジャスターが付属して来ますが、おっぴろげ方向しか調整できず。

このままの運用とする。走行中に大暴れするか心配だが、走ればわかるでしょう。

 

3.カメラ込みの重量

あんまり気にならないです。走り回った後の感想を先に書いてしまいますが、ちょっと走ったら違和感無いですね。外し忘れてコンビニとか入ってしまいそうで怖い。

 

 

 

 

 

じゃあ。チョイ乗りで試そうか!

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210714162138p:plain

千葉県 君津市 小櫃あたりの田んぼから試験開始!

カメラはct7000 防水ケースに入れた状態で。

走行距離とか時間は今回気にしません。

 

 

f:id:udokuudoku:20210714162436p:plain

とりあえず亀山湖へ行こう。速度計は一応ぼかしておく。(飛ばさんですよ)

インターネットは怖いからね。

 

f:id:udokuudoku:20210714162729p:plain

ここまでカメラの大暴れなどは無し。順調に来ている。

コーナリングでもカメラは横を向いたりはしていないようだ。

まあ、走行中は雨の心配ばかりしていたけど。

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210714165024p:plain

はい。亀山湖到着です。油断すると顔出ししてしまうな。要注意だ。

雨はしばらく降るまい。カンだけども。

今年はバス釣りなんぞを再開してみようかな~なんて思った。

腹減って来たのでちょっとメシにしようか。

 

 

f:id:udokuudoku:20210714165535p:plain

コンビニでサンドイッチ食って再出発。

タバコが切れたので補充を。好みの銘柄が無かったのでたまには違うものを。

こういうのも楽しいですね。鴨川道路を抜け、いつものワインディングへ向かう。

 

 

f:id:udokuudoku:20210714170418p:plain

長狭街道を西へ。カメラの防水ケースが曇ってきたね。

この時は気分よく西進をしており。全然カメラの状態は気にせず。

雨が無ければ剥き出しマウントステーを使った方が良さそうだね。

もみじロードへ向かう。

 

 

f:id:udokuudoku:20210714172311p:plain

もみじロード。いつ走っても楽しい。

ゴルフ場シケイン(勝手に命名)を元気よく切り返す。

うん。ちゃんと撮れているね。カメラ大暴れは気にしなくて良さそうだ。

静止画を切り取るのなら十分すぎる。

あとはいつものコースで帰ろう。

 

 

f:id:udokuudoku:20210714172947p:plain

鹿野山北側を登る。バンク角が少ないので上体をインに入れたらいい画が取れた。

背中を丸めると画角がえらく下になるなぁ。(曇ってんだよ。オイ。ズボラ野郎。)

あと、顔出し注意だね。あぶねぇや。

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210714173859p:plain

九十九谷で一服。ネックマウントだと手元がよく映りますね。

キャンプ撮影にも使えるな。使うと決めたぞ!?

 

へへへへ…実は仕事の方は減産の見込みだそうでして。

しかも今月始めの大雨で設備がダメージを受け、ちょっとは暇になりそう。ヨシ!!

 

アクションカムのネックマウントは大成功だと思います。

テープの心配無し!あまり目立たない!

と、来れば。常用決定ですな。

 

さあ。今後キャンプに行く暇が出来るのか!?

わかんねえな。楽しみにしておく。

 

有難う御座いました。

 

うろキャン▽ NG集 (ボツ写真)  参

どうも、こんばんは。

 

暇が無い。ネタが無い。

 

我が精神は血の涙で赤く染まり、持て余したフラストレーションはgooglemapへ注ぎ込まれる。

最近、行きたい所リストが130件を超えました。

地図って眺めているだけでも楽しいから好きだ。

と、いう訳で生存報告も兼ねたNG集(ボツ写真)行くぞぉぅ!!

 

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210622231250j:plain

①伊豆キャンプ ひとり宴会開始前

この写真を見た瞬間、ムラっと来るものがあった。

さあ始めるぞ!という雰囲気を感じる。お酒の方はすでに始まってるね。

最後にキャンプしたのはいづだったっけ?去年末の伊豆だからもう半年以上テント張って無いわけか。このままではいかんな~。

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210622233227j:plain

彼岸花ロード(千葉)

ここは走っていてとても気持ち良かった。

最近、旬の花を眺めるのが好きだ。老けたな。

楽しみが増えるのは良い事だよ。

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210622234143j:plain

那須キャンプ 月を撮る

夜景撮影は難しい。露出時間が長くなるのでぶれた写真となる事が多い。

三脚を使うのが常識らしいが、三脚の首から上はカメラマウント用に転用したため

マンパワーのみの夜景撮影となる。

何枚かに一度、うまいこと撮れて嬉しくなる。(この時は両肘を地面に付けて撮影)

もう一個三脚を買えば問題は解決するけど。なんか面白くないと思った。

ちょっとひねくれた所が有るんだ、バイク乗りは。多分。

いや、俺だけかも。

 

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210623000224j:plain

殺生石の地蔵ファミリー

日中に見ても異様な光景だった。

夜に見たら絶対に変な声が出ると思う。

このお地蔵さんズの帽子はどこのおばあちゃんが縫ったのだろう。

そんなことを思った。詳しい事は覚えてないけど悲しげな伝承が有った気がする。

しかしまあ。すごい光景だね。

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210623000934j:plain

富士スバルライン頂上の馬

こいつはとっておきのボツ写真です。

 

seisouudoku.hatenablog.com

本編では頂上からあっさりと引き返していますが、こんな事が有りました。

画像の様にお馬さんがいたので撮影を。

おとなしくてかわいらしい。少し奥へ進むと。

 

f:id:udokuudoku:20210623001528j:plain

剥製を発見!近づくと。

こいつ、動いた。

人間本気で驚くとちょっと跳ねるものなんですねぇ。跳ねましたよ。

いや、こいつ微動だにしないもんで。生命を感じなかった。

なんでお前だけ隔離されてるんだい?この時はホントにたまげたね。

 

これらをボツにした理由ですが、去り際に見つけたお馬使用の料金表。

そこに写真モデル¥もにょもにょと書かれていた(たしか)

なのでボツにしたと。いう訳です。

 

さすがにもう、時効だよな?

 

 

 

 

 

以上です、有難う御座いました!

さて、気が付けば6月も終わろうとしている。

残すは月末最後の休日のみ。果たして俺は時間を作れるのか!?否か!?

 

 

 

 

 

I AМ A HERO(映画)について熱く語る(インプレ)

とても下らないやっつけ的な記事となる宣言を予め、させて頂きます。

内容は、無いよう? 画像もクソも有りませんよ?

暇な方はどうぞ付き合って下さい。ブラウザの「戻る」及び「←」を俺は推奨します。

 

 

 

どうも、今晩は。アマプラでアイアムアヒーローを視聴しました。

つい、先程観終えた所です。楽しかったです。スタッフロールで衝撃を受けたんです。

主演 大泉 洋

↑ これにね。最初っから最後まで気付かなかったの。

ショックだよ。

 

俺は水曜どうでしょうが大好きだし、DVDもぼちぼち買い集めている。

大泉さんの奇行等も沢山見てきた。いや、本気のファンの方からすれば俺なんてニワカだ。それはわかっている。

でもね。あのヒデオが大泉さんだったとはちっとも思わなかった。

 

視聴中、ちょっとね。大泉さんに似てるなぁと。思ったシーンは有りましたが。

本人がバリバリ出演しているとは思わなかった。

 

これこそ役者の技術ではないかと感じた。感動した。

 

俺がよく知っているのはどうでしょうの大泉さん。(俺はドラマとか一切見ない)

アイアムアヒーローの大泉さんは完全にどうでしょうとは別人だった。

縁の太い眼鏡を掛けているから、顔はわかりづらい。

どうでしょうの時とは違う喋り方。声もなんかか細い。

ボヤキもしないし、変な事も言わない。まあ。当然ですけど。

映画の中。彼は原付日本列島制覇の時より五、六年歳を取っています。しかし、ヒデオが大泉さんだとは最後まで気づけなかった。見慣れたと思った人なのに。

 

そこに感動した。

 

それで、こんなものを書いてしまったと。

観る者を騙してこその役者だと。それこそ本物だと感じた。

 

感動したので、大泉さんのインプレでした。

有難うございました。

 

カブちゃんのリアタイヤ交換

どうも。こんちは。今回はカブちゃんのリアタイヤその他を交換したいと思います。

 

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210522094712j:plain

作業は半分終わってます。もう、すでに…

 

もっと、苦戦するかと思った。いや、なんならこれを記事にするつもりも無かった。

じゃ、なんでこんな事を書いているのか。

 

 

 

現在、ヤマト待ちが発生中なのです。暇です。

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210522095546j:plain

スーパーカブ(漫画)3巻でカブのタイヤは難しい。なんて話が有ったもんですから帰宅後、飯も食わずに分解を始めました。あ、夜勤の明け休みです。今。

250ccオフ車のそれと比べればえらく簡単にバラせました。

細いタイヤしかDIYの経験は無いですが。最初のきっかけだけタイヤレバーで与えたら、あとは腕力でベロベロベローっと外れました。

SRさんサイズは自分ではやったことが無いんで、今後訓練してみようかな?

まぁ多分、やらないだろうな。俺の事だから。

 

 

f:id:udokuudoku:20210522100950j:plain

リムバンドを新品にします。締まりがよろしい。

さて、タイヤは午前中の配送予定。やることが無くなった。

ヤマトのおにいさん!待ってるよ!!

 

 

………。

 

 

 

お米炊こう。

 

 

 

ちょっと晩酌しちゃおう。

 

 

 

ネットサーフィンもしちゃおう。

 

 

 

ヤマトさん!? 早く来てくれないとこのまま寝る流れだぞ?

 

いやいや、タイヤを受け取るまでは起きているさ。その後は活動できるか怪しいなこれは。う~ん…

 

お酒、やめようか。

 

 

……。眠い。

 

 

 

 

 

 

 

○○○さーん!

 

 

飛び起きる。玄関へ急ぐ。

 

 

f:id:udokuudoku:20210522124857j:plain

IRC TR-1 到着。

 

あぶねえ。半分ちょっとは寝ていたぜ。

じゃあ、早速作業の続きをしようか。

 

 

f:id:udokuudoku:20210522125402j:plain

あとは組むだけなんで余裕の進行ですな。

チューブを切らないように優しーく行きましょう。

 

f:id:udokuudoku:20210522125731j:plain

一応組付け終わり!空気圧も今測った限りは低下無し。

明日もう一回測ってどうなるかな。過去の経験だとだいたいチューブのどこかにあなをあけてる。一発成功というのはあまり記憶にない。やっぱりタイヤ交換は素人には難しいのだなと思う。タバコを一服。

 

えっ?何ですか?俺はもうとっくに気付いてましたが。

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210522130254j:plain

回転方向が逆だよ…

 

 

f:id:udokuudoku:20210522130649j:plain

いやいや、まぁね。どっちに回しても変わらなそうなパターンじゃないですか。

とりあえず様子を見ますよ。うん、とりあえず500kmとする。

整備は是非、素面で!

 

有難うございました。

 

 

館山砂丘を調査せよ!

どうもです。お久しぶりです。 日々、元気に働かされております。

仕事の方は増~産 増~産と。お鼻の長い状態が続いております。

 

まぁ…こんなご時世に繁盛している事は大変有難い事です。

日々、自分にそう言い聞かせて過ごしております。

ある日。最近の日課となっているgoogle mapの旅をしておりました所ですね。

見つけてしまったのです。

 

 

f:id:udokuudoku:20210515182045p:plain

 

 

 

 

 

 

 

2021年 5月1✖日 (土)

9:00頃 こりん星(死語) 発

 

あいにくの土曜日だけど、久々に一日フルに使える休日だ。

これを逃す手は無い。次は無いと思え! 今回もカブちゃんで行きます。

とりあえず、鹿野山を北から南へ抜ける。こっちのルートは久しぶりに走る。

 

f:id:udokuudoku:20210515190704p:plain

二速で登らない! うおぉ…初体験だ。ローに落とす。20kmも出ていない。

SRさんならアクセル煽ってンダダダダっとクリアするんだが…

カブで走ると全ての山越えにドラマが発生するね。

 

f:id:udokuudoku:20210515191840p:plain

今回はこのような細かい道を積極的に使って行こうと思います。(前半は…)

カブの速度に合っているので。どこに出るかはわからんのですが。どうにかなるさ。

もみじロードに入った。

 

 

f:id:udokuudoku:20210515193033p:plain

昔のGSX-R750!!(多分油冷のやつ) 綺麗な車体だった。

多くのバイクと交叉した。

規制前の排ガスのいい匂い。峠の匂いだ。

 

f:id:udokuudoku:20210515194331j:plain

白石峠手前、コーヒー休憩を。タバコも吸う。

ちょっとあちこちわけわからん道に突っ込み過ぎたおかげで押している。

そろそろ本気を出すか。ここからは一直線に行く!!

とにかく南下!黙々と走る。走り続ける。

 

f:id:udokuudoku:20210515200733p:plain



俗に言うクソコラですな。

白石峠→県88→R128→R410を駆け抜ける。

ウォン15km/h巡航で少し早送り。

道中、マツキヨで買い物を済ませました。昼飯ですね。

 

で!R410に入ってからはgoogle map先生を見つつ、慎重に進行します。

進みすぎたり戻りすぎたり。迷子になりながらも遂に館山砂丘へ到達。

 

 

 

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210515203126p:plain

・・・・・・・・・。(開いた口がふさがらない)

 

 

 

 

 

これは…何だ? 砂丘??

 

壁だろう。これは。

 

航空写真では知り得なかった起伏が今、目の前に有る。

 

いやいや、あまりのインパクトにね。見た途端「うぇっ」なんて声が出ましたよ。

その後ちょっとぽかーんとしましたよ。子連れ一家が先に登って行ったけどさ。

正直なところ、これを登るのは怖いよ。途中で滑落する自信が有るもの。

写真より実物を見て頂きたい。多分、変な声を出すと思う。

あ、あとここに至る迄の道は砂ベースの砂利道です。でかいバイクだと怖いかもね。

案内看板等は一切無し。冒険気分を盛り上げてくれます。

砂壁直前はY字路でして。左は砂壁。右側も調査しました。

もう少し楽に砂丘入りできるルートが有るかも知れないし。(虚弱)

 

 

f:id:udokuudoku:20210520011603p:plain

この道は死んでないかい?

 

どん詰まりは怪しい缶がたくさん放置された広場でした。

雰囲気が悪い。引き返そう。

と、こんな調子で。改めまして!

 

 

 

f:id:udokuudoku:20210520012444j:plain

11:52 館山砂丘 到達

 

 

f:id:udokuudoku:20210520012633j:plain

格安アクションカム 落ちる

走行中じゃなくて良かった。いや、さっきのダートを調査中に角度がおかしいとは思ったさ。購入時付属の両面テープではやはり脆弱ですな。いままでご苦労様。

さあ、登ろう。この砂の壁を。この先にはどんな風景が待っているのか。

 

一歩一歩、慎重に進む。

一歩一歩、ずり~っと戻る。三歩進んで二歩下がる状態が続く。

 

すごいよ。俺、今ムーンウォークしてる!!

 

 

なんて面白がってばかりではいかん。まずはこの壁を攻略せねばならぬ。

脳内でビリージーンが流れております。(マイコォの名曲)

半分程、登った所でコツが掴めた気がする。

爪先荷重だ。思いっきり爪先から砂に突っ込んでそのまま進む!

踵を踏み込めばずるーっと落ちる。爪先荷重なら落ちにくい。

普段とは真逆の歩き方。帰宅後に足の親指付け根がひりひりした。

これは登山テクニックなのか?最近、ハイキングでもやってみようかと考え中なのです。体力を付け直したいんですよ。調べてみよう。

で、登った先の風景がこちらです。

 

f:id:udokuudoku:20210520015929j:plain

なんか、ラスボスが変身した感じ…

 

ホントに写真で無くて、現地を感じてほしいと思いますよ。

生の方がよっぽどインパクト有りますもん。

さっき越えた砂の壁が今度は二倍になっている訳ですよ。

まっすぐ行ってもスゴイ傾斜の小道ですもん。(全部砂)

どこに行こうがムーンウォークを強いられるのです。

大体ねぇ。傾斜がおかしいんだよ!

 

f:id:udokuudoku:20210520020948j:plain

見て下さいよ!あの小さく映ったカブちゃんを!(第二の壁、中腹より)

何が砂丘だよ!! 丘ってもっと穏やかな感じじゃないのかぁ!?

俺が歩んだ道なんてアリ地獄から必死に逃れようとするアリのそれだろ!?

もう、絶対に明日か明後日は筋肉痛だぞ!?

 

愚痴っぽく書いていますが、

実際、滅茶苦茶楽しんでます。

もうね。にやにやしながらアリ地獄を進んでおります。

ここまで来たらてっぺんまで行くぞ!

 

f:id:udokuudoku:20210520133822j:plain

館山砂丘 頂上より 砂丘西側を望む

俺は砂丘東側からのアプローチでしたが、西側から攻める方がいいと思います。

こっちはちゃんと丘です。壁じゃありません。

さて、眺めも良く静かだし野外メシにしようか。

隣にちょっとした岩場が有るので登る。高いとこは楽しいのだ。

レトルト五目御飯とマーボー茄子でやっつけマーボー丼を作る。

調理時間は短く、しかも安上がり。そしておいしい。

(俺はだいたいなんでもおいしく頂きます。食にこだわりは無い。)

 

f:id:udokuudoku:20210520134607j:plain

蒸しています。ドピーカンの中、クッカーを見つめていたら日光の反射で目をやられた。チカチカする。業界用語で目玉焼きと言うやつですな。

景色を眺めているうちに治った。

もう蒸れただろう。さあ、食べよう。俺を癒してくれ。

 

 

f:id:udokuudoku:20210520135827j:plain

適度な運動! 日光浴! マーボー丼!

 

 

f:id:udokuudoku:20210520140112j:plain

食後の一服! いい景色!

 

 

 

 

 

 

我、整ったり…

 

 

 

 

 

これでまた…働ける…… 今はこういう事は考えてはいけないか。

本でも持って来ればよかったな。居心地がもう最高。

素晴らしい時はやがて去りゆき。下山しようか。でかけたら帰らなきゃね。

 

f:id:udokuudoku:20210520141411j:plain

登りとは反対側の砂壁頂上より。

いや~しかしすごい地形だなぁ。面白いなぁ。じゃ、降りようかね。

 

ハイペースで行ったろ。

 

館山砂丘下り。感想は…

すぐに終わった。天然のエスカレーターだった。超らくちん!

あっと言う間にカブちゃんの元へ辿り着く。

一歩が四歩くらいに重力ブーストされている感じだ。

 

あぁ~ 堪能した~。このまま蒸発…はできないのでおうちに帰りましょう。

R410へ入り、北上します。

ちょっと変化が欲しかったので、脇道探検を交えます。

 

f:id:udokuudoku:20210520143235j:plain

荒れ狂ってますねぇ。

この区間を抜けた先にこの先廃道通行止めの看板が有りました。

俺が侵入した道にはそんなもん無かったぞ?

いや、藪の中へ入った時はこの道は抜けているのか?と。思ったけども。

進めるし戻れる状況だったから突っ込んだよ。楽しんだよ。

行政は俺みたいなアホにも対応して欲しいな。なんちって。

 

さてと。いい時間なのでまっすぐ帰って一杯始めんべ。

あ、お米買っておかなきゃ。もうすぐ無くなる。

 

 

 

 

 

 

総括

走行距離 164km

活動時間 7・5h

 

f:id:udokuudoku:20210520145256j:plain

移動速度 21.9km/h

 

 

f:id:udokuudoku:20210520145640j:plain

燃費 82km/L(新記録?)

 

燃費が頭おかしい。ちゃんと記録は写真で取っていたはず。(多分)

計算間違いの可能性も有る。

晩酌しながら書いているせいなのか。もう少しの期間慎重に観察しよう。

しかしまあ。ガソリンの減らない子だね~

パワーオブドリーム!!

   

有難う御座いました。